▶もっと見る
GAMBLE ZEBRA
いらっしゃいませお客様
本日のメニューはこちらとなっております

SHUNROID様作 ゲームデザイン:SHUNROID
『GAMBLE ZEBRA』プレイ人数3~5人用 プレイ時間10分~15分程度



ねぇねぇ、ダイスちゃん。白と黒ってどんなものイメージする?

白と黒?う~ん、そうねぇ正反対にあるものだから太極図とかかしら?

それって白い勾玉と黒い勾玉がくっついて丸くなってるやつだよね?

そう、あれがどういう意味を示しているのかまでは知らないんだけどね

太極図は万物の根源であり、光と影を表現しているんですよ。古代中国の道教のシンボルで今では世界各地に広まっています

ずいぶん詳しいですね

そうでもないですよ。私も人づてに聞いた話ですので。チップはどうしてそんなことを?

休憩中だったから珈琲飲もうとして、ブラック飲めないからミルクを入れてボーっとしてたら、白と黒の螺旋が生まれてなんとなぁ~く聞いてみたんですよ

ただ思っていたよりだいぶ深い話になっちゃいそうでした。私すぐに頭に浮かんだのがシマウマでしたから

白と黒、シマウマですか・・・・そういえば!最近出たゲームで白と黒が特徴のゲームがあるんです。休憩中ですしプレイしてみませんか?

そんなゲームがあるんですか?やりますぅ~

私はまだ休憩に入ったわけじゃ・・・

では早速プレイしましょう!

だから、あの・・・


~実際やってみた~

まずは使用するデッキのカラーを決めます。いつも通りチップは赤、ダイスは青、私は緑でいいでしょう




自分のデッキのカードを見てみましょう




一枚一枚に半分は黒塗りに数字、白塗りで数字が書いてありますね

カード1枚に二つの数字。これは黒に賭ける場合と白に賭ける場合の数字が記されているのです

カードは2枚出して賭けることになります

黒、もしくは白に特化させて賭けるもよし


※この場合は黒に特化させた状態。黒に計15を賭け、白には賭けていない状態になります



一枚目は黒に賭けて二枚目を白に賭ける両賭けにしても構いません


※この場合黒、白共に6を賭けたことになります



賭け方については理解しました

更にデッキとは別にスペシャルカードが存在します




大きく分けて3種類になります。まずはこちら




見ての通り白もしくは黒の極端に数字が高いカードです。ここぞという時に使用しましょう




二枚目のカードを出す際に使えば、1枚目の数字を倍にしてくれるカードです。例えば黒8で出しているのであれば黒16という扱いになります




そして最後が色替えカード




こちらはポイントカードの色を反転することが出来ます。ポイントカードについては後ほど説明します

これらの特殊なスペシャルカードはシャッフルして各自2枚ずつ配ります




手札は全部で10枚あるって事ですね

どうやったら得点を得られるのかしら?

そこで出てくるのがポイントカードです




このポイントを得るためにデッキから2枚カードを選ぶ事になるのですが、見ての通りポイントカードの裏には黒か白どちらかが書いてあります

なるほど。つまりデッキから2枚出した後、ポイントカードをもらえるのが黒の数字が高いプレイヤーか白の数字の高いプレイヤーなのか判定があるということね

タイトルにあるギャンブル要素ですね♪

その結果同点だったり、全員賭けている色が違ったらどうなってしまうの?

キャリーオーバーとして次のポイントカードと合算することになりますね

ちなみにポイントカードは黒白1枚ずつしかありません。つまり一度出たポイント数値がもう一度出たら瞬時にそのポイントカードの裏の色が分かるということになります

なぁ~るほど。そんな時にスペシャルカードの色替えを使って判定をひっくり返すんですね

そう考えると警戒してしまうわね

ここまでを踏まえとりあえずスタートしてみましょうか

はーい♪

(あらっ?カードが一種類カードが余っているようだけどあのピンクのカードの山は何かしら)

ではポイントカードをよくシャッフルして一番上のカードポイントカードを賭けて勝負です




-1から5までのポイントだから4は結構大きいですね

全然裏の色が予想できないから極端に賭けるのも怖いわね

全員出すカードを1枚決めたら一斉にこう言ってカードを出しましょう「ゼブラ!」と

あっこれ掛け声とかあるんですね

いつゼブラの要素が出てくるのか気になってたんだけど、ここなんですねぇ

ではそろそろ決まりましたか?いきますよ。せーのっ!

ゼブラ!

ゼブラ!

ゼブラ!




今のところだとチップは黒賭け5。私は白賭け4。マスターは白賭け7になるのね

はい、この状況を確認した後、また先ほどと同じように出す2枚目を決めて「ゼブラ!」です

ダイスちゃん、次は掛け声ちゃんと合わせてよねぇ。1人ずれてたよぉ~ダメだよぉ恥ずかしがってたら余計に恥ずかしくなるんだから

しょうがないじゃない!「ゼブラ!」って大声でシマウマ叫ぶなんてたぶん一生の中においてほとんど無いわよ!

次は頼みますよ

マスターまで・・・

ではそろそろ2枚目決まりましたか?それではせーのっ!

ゼブラ!

ゼブラ!

ゼブラ!




この状態だと私が黒8で、ダイスちゃんは白9。マスターさんは白にも黒にも賭けてるけどどっちも一番にはなれないからこの時点でポイントはもらえませんね

残念ですがその通りです。やはり極振りをされてしまうと両掛けでは敵いませんね

ではポイントカードの裏を見てみましょう




やったぁ!黒だから4点ゲーット♪

とはならないんです

なんでですかぁ!!

ポイントゲットの資格を持つプレイヤーにはもうひとギャンブルしてもらう事になっています

そこで使用するのがこちらのギャンブルカードです




(ここでそのピンク色のカードが出てくるのね)

チップ、カードは予めシャッフルしてあります。この中のカードにはポイントを倍にしてくれたりプラスもしくはマイナスにしたりするカードが含まれています

さぁ賭け狂いましょう!

おぉ~い、ダイスちゃんが完全に夢○ちゃんになってるよぉ

ハッ!・・・もういいから早くそのギャンブルカード引きなさい

取らないと進まないしねぇ~では1枚めくりますぅ~




やりましたぁ♪これで元々のポイント4にプラス2点追加で6点です

おめでとうございます

このゲームの終了条件は?

手札10枚を全て使い切ったら終了です。つまり5ラウンド繰り返したら終わりですね

その時点で合計ポイントが一番高い人が勝者ですね♪幸先いいですぅ


こちらのゲームが気になった方はSHUNROID様のホームページへアクセスしてみてください。
http://shunroid.com/gz/
またYoutubeにてルールの動画配信もされていますのでゲームに興味がある方は是非アクセスしてください。
【3分で分かるルール説明動画】
https://www.youtube.com/watch?v=IEcl2DZFZj8
またのご来店をお待ちしております♪

検索するタイトルを入力して下さい