▶もっと見る
アルカジノ4 ~BLOODY JACK~
いらっしゃいませお客様
本日のメニューはこちらとなっております

岸田ひとり様作 イラスト:ひよこ2号機
『アルカジノ4 ~BLOODY JACK~』プレイ人数2~4人用 プレイ時間15分程度



今よりずっと昔、ギャンブル狂で有名な主の住む館がありました。
ある満月の晩、館に一人のヴァンパイアが訪れます。
その日から、館では吸血ギャンブルが催されるようになりました。
館の主は、その命が尽きるまでギャンブルを続けたといいます。
主がいなくなった後も、館では夜な夜なギャンブルは続き、あたりは無数の墓標に囲まれました。
月日は流れ、「その館にはヴァンパイアが住みついている」という噂がされるようになりました。
今でも満月の夜になると、ヴァンパイアが現れ吸血ギャンブルが行われているといいます。

また物騒な話ですねぇ

そのうちヴァンパイア討伐する話に発展しそうよね

それって悪魔城ドラキュラじゃ・・・

確かにそのまま放置するというのも変な話ですが、今回はその館で行われる吸血ギャンブルをプレイします

二人ともブラックジャックはご存知ですか?

あのカード合計を21に近いほうが勝ちになるゲームですよね?

私も何度かプレイした経験はあります

でしたらこのゲームは簡単です。ブラックジャックにアクション要素が加わったものですので


~実際やってみた~

このゲームでは使用するカードは2種類。まずはナンバーカード




こちらは1~10番までの番号が各2枚ずつあります。1に限っては11として使用することも可能です

そして特殊なブラットカード




ブラッドカードにはさまざまな特殊能力が備わっています。使用することで自分が有利に戦うことができるようになっていきます

ブラッドカードの中にヴァンパイアの絵柄のものが数枚ありますけど何か違いはあるんですか?

はい、ヴァンパイアのカードは強制的に使用されるカードになっているので、それが手札に加わった瞬間使用しなくてはいけません

後はプレイしながら説明していきましょう

ではチップはナンバーカード、ダイスはブラッドカードをよくシャッフルしてください

は~い♪

わかりました

それが終えたらナンバーカードは山札として中央へ置きます




次にライフを5枚配ります。これが全て失われるとゲームオーバーとなります




ブラッドカードを裏にしてライフ代わりにするんですね

はい、それにも理由があるのですがそれは後程説明します

更に1枚手札としてブラッドカードを配ります。それは自分だけ確認してください

ここまでで準備が完了です

書いてあるブラッドカードの能力が凄くて驚いてます

確かに条件によっては凄いわね

普通のブラックジャックでは味わえない感じになるかと思いますよ

それじゃ~スタートしましょう!

では念のために確認しておきますが、今現在手札のブラッドカードにヴァンパイアの絵柄のカードを持っている方はいませんよね?

持ってないで~す!

こっちも平気よ

それでは通常のブラックジャック同様にナンバーカードを1枚裏のまま配ります

自分だけはカードの中を確認していいのよね?

はい、それは自分だけが把握できるカードになります




次はナンバーカードを表にして1枚ずつ配り、チップからスタートになります

まずは最初に手札のブラッドカードを使用するかしないかの判断をします

ヘヘヘェ~♪早速だけどブラッドカードを使います!




+4!全員今の合計数時に+4してね♪

確かに強いカードね

ナンバーカードは私は引かなくていいかな

では次に私ですが、ここは何もせずにパスにしておきます

私の番ね。ではブラッドカードを使用します




このカードは山札の下に配置することになっているわ




次に山札から引かれるナンバーカードはこのブラッドカードによって表に出さなくてよくなるわ

もちろん山札から私はナンバーカードを引くからそのカードは公表されなくなるわよ

ダイスちゃんの数字が全然読めないなぁ

私パスでーす

私もパスです

私は山札から1枚引くわ

強気だねぇ

ナンバーカードは最大5枚までしか所持できないのでそこは気を付けてくださいね




(あっ・・・・・)

(今絶対「あっ」って言ったよね。10だもんね。これはやっちゃってるよね)

我々はもうパスですが、ダイスはあと1枚はナンバーカードを引けますがどうしますか?

い、いえ結構よ

では裏になっているナンバーカードをオープンしましょう

ジャーン+4をして21!ブラックジャックです!




強いですねぇ残念です+4で19。山札から1枚引く気にはなれなかったです




ダイスちゃんは?

バースト・・・

ん?

+4をして26のバーストよ!!

あぁ~やっぱりなぁ

なんで最後に出てくるのがよりによって10なのよ!




これも賭けなので仕方ないですよ

ラウンドの終了処理をします

既に使用したブラッドカードは捨て札として端に置きます

勝利したチップはライフがそのままです

敗北した私はライフ1つを失い、バーストしてしまったダイスは2枚失います

その失われたカードはブラッドカードとして手札になるのです

あっいいなぁ!でもライフ減ってるんですよねぇ

ブラッドカードは強力ですからね。逆転のチャンスはまだまだあります

最後にナンバーカードは集めて山札に混ぜてまたよくシャッフルしましょう

ここまでの流れを繰り返し、最後まで生き残ったプレイヤーが勝者となります

ライフは失ったけど、まだまだ逆転のチャンスはありそうね

ブラックジャックにスパイスが加わってすごく面白いです♪

手短にできるのも利点ですよ


記事を読んで気になった方はTG&C様ホームページ
http://kishidahitori.wixsite.com/tgclab/3-1
まで足を運んでみてくださいね♪

またのご来店をお待ちしております♪

検索するタイトルを入力して下さい