▶もっと見る
Night Clan-ナイトクラン-
いらっしゃいませお客様
本日のメニューはこちらとなっております

DOMINA GAMES様作 ゲームデザイナー:オオハシ アートワーク:あさひろ
『Night Clan-ナイトクラン-』プレイ人数2~4人用 プレイ時間20分程度



北の街ベルゲンには7人の美しい娘を持つ公爵がいた。
ある日、公爵の前に異形の男が現れこう告げた。

“森の巨人が貴方の娘と財産を狙っている”

公爵は森の巨人「トロール」の情報と彼が公爵の娘と財産を隠す手助けをする事への対価に
全てが終わった後に財産の一部を分け与える事を約束した。

というところから話はスタートします

おぉ~珍しくシリアス展開からのゲームですね

背景がイメージできるとより一層ゲームに入り込めるわね

夜に現れる「トロール」から自分の「娘」と「財宝」を守る事が目的のゲームです

トロールが現れる前に、こちらの礼拝堂や城、様々な場所に「娘」と「財宝」を隠すことになります




今回は2人でプレイして頂きますので、隠す事ができるのはこの4箇所です。参加プレイヤーが増えるとこのカードも増えます

カードの右上に数字がありますね?

それは隠すことのできるカードの上限数を示しています。最終的に勝利点が同点になった際は、そのカードの取得した合計数値が高いほうが勝者となるので侮れません

その場所のカードをもらうにはどうすればいいの?

例えば5の数字が記載されているカードにいずれかのプレイヤーが3枚、もう一人が2枚配置したとしましょう

その場合、多い枚数を配置しているプレイヤーがそのカードを取得することになるんです。つまり3枚置いた方になりますね

6だったりすると、同じ枚数の配置になる可能性もあるけれど・・・

もちろん、そういうこともあるでしょう。その場合は、誰もそのカードを取得することはできません

そして守る事のできた財宝と娘の得点を合わせた合計点が高いプレイヤーがこのゲームの勝者となるんです

娘と財宝に得点があるのね

はい、こちらになります




ずっと思っていたけど、このゲーム絵の雰囲気が世界観にマッチしていて凄く良いですね♪

財宝が2点で、娘が1点か・・・1点の価値がかなり大きい感じがするわね

そして残りのカードがトロール、宿り木、夜警の3つになります




マスターさん、トロールは話しに出てきたからわかりますけど、宿り木と夜警って何ですか?

ではこのトロール、宿り木、夜警は順に説明するとしましょう

トロール、これは冒頭のストーリーでも出てきた森の巨人です




このカードが置かれている場所での点数計算は、トロール自身を含め同じ逃げ場に置いたカードを全てを捨て札にします

つまりその逃げ場にはカードがなくなりますので全員0点になります

使い方が難しいそうなカードですね

しかもトロール、宿り木、財宝カードは裏にして逃げ場へ配置するのでどのカードがトロールなのか予想もしていかなくてはいけません

自分もどこに何のカードを置いたのか覚えておく必要がありそうね

そして傍若無人のトロールに対して唯一の救済処置がこの宿り木になります




宿り木は得点計算時の時にトロールがいなかった場合、捨て札になってしまいますが、同じ逃げ場にトロールがおり、その数が宿り木の数を超えていなければトロールと宿り木のカードだけは持ち主の得点として戻ります

トロールの-2点と宿り木の1点が持ち主に入るという事ね

はい、そして最後に夜警です。夜警というのは字の如く、夜間警備員です




あっそうだったんですね。ずっと魔法使いかと

一応なんでそう思ったのか聞いておきましょうか

えぇ~だって最近放送してる魔○使いの嫁にこんなのがいたような

明らかに顔の部分だけでそういう判断をしてるわよねそれ

魔法ではありませんがこのカードも特殊ですね。カードの出し方は娘と同様、表向きにカードを出すことになります

夜警の能力は2つ。1つは別の場所に配置した自身のカード1枚を夜警を置いた場所へ移動する

もう1つは夜警を置いた場所の他プレイヤーカードを、1枚別の場所へ移動させる事ができます

トロールだと思ってる裏で出されたカードを移したりする事が夜警で可能になるんですね

各自2枚所持しているので上手く使ってください。説明は以上になります

娘と夜警は表に出す。トロール、宿り木、財宝は裏面で出す。実行する事はこれだけね?

もう一つこのゲームのルールがあります。カードは必ず手番で2枚使用しなくてはいけません。気をつけるのはこれだけです

それじゃあ、やってみよぉ~♪


~実際やってみた~

では使用する専用デッキを決めますが、例によってチップは赤。ダイスは青とします

よくデッキをシャッフルして裏向きに置いてください




準備OK~♪

2人とも裏にしたデッキから3枚取ってください

ふむふむ

マスター、夜警が2枚来てしまったのだけど

その場合は、それを見せてから改めてカード全てシャッフルして3枚取り直してください

チップのほうは大丈夫ですか?

こっちは問題なかったです

・・・うん、こっちも準備できたわ

準備ができたらいよいよカードを配置していきます

必ず2枚配置してデッキから2枚補充します。それを終えて手番終了です

2枚かぁ~それじゃ~ここと、ここ!




高い数字のところを狙ったわね

(配置できるカードの総数が決められているということは、半数以上のカードを配置しないと場所のカードは取得できないのよね)

(チップはそれに気がついて高いポイントが入る場所へ配置したということかしら?それともブラフで図書館には既にトロールを配置したとか?でも初手からそんな行動に出るかしら?トロールを引いている確証も無い)

ダイスちゃ~ん、まだ1枚も出してないよ?

あっ思考が長かったわ。このゲームかなり相手の動きを考えるわね

とりあえず、この2枚かしらね




ダイスちゃん、絶対に城は渡さないって姿勢かなぁ?

今のところだと全て表に出ているから、安心して娘を出せるもの。これなら安全でしょ?

確かにそうだね。今のところは・・・ね?




ここで夜警?!

先手必勝~♪夜警を配置した城に配置してあるダイスちゃんの娘カードをランプショップに排除します♪




やってくれるわね。だったら徹底抗戦よ!




ちょっとぉ!どれだけ娘引いてるのダイスちゃん!

ちゃんと色々と調整してるのよ。これも計算の内

(これはちょっと予想外!既に城には5枚カードが出てる。例え私が2枚城に配置しても、ダイスちゃんが夜警を使えば城のポイントは確実にダイスちゃんに持っていかれる。斯くなる上は・・・)




・・・なるほど。ふぅ、私はこうしようかしら




分かりやす過ぎよチップ

なっ何のことかな?

そこの城に裏にして配置したカード、トロールでしょ?

それはどうかなぁ

城の配置の枚数ではよほどの事がないと勝ち目が無い。メインカードのポイントだけでも阻止したかったんじゃないかしら?

という事で、夜警の力を使ってその裏のカードを図書館へ排除するわ




それは、それだけはやめてぇ~

(やっぱりトロールだったみたいね)


その後も互いに読み合いが続き、その結果



最後の方は、配置されるところが限定されるから厳しかったね

そうね、最後に夜警が出てきて何もできなかったのもくやまれるわ

お疲れ様でした。得点計算をしましょう

城以外は私のほうが多くカード配置できました♪

まずはカードを全て表にしてトロールと宿り木の効果の処理をします

ランプショップのがあったところは私のトロールが全てを無にしました

私、宝箱配置していたのよね




教会はトロールがいないので圧倒的に私勝利!

宿り木は効果無効。ダイスは1点チップは5点ですね




図書館にはトロールがいますけど、予感を察知した私が宿り木配置でセーフ!

なんでトロールだと分かってしまったのかしら

カードはメインカードは宿り木とトロールだけが残り持ち主へポイントして戻ります

という事はチップが1点で私が-2点ね




城だけは負けてないのよね♪




トロールはいませんのでそのままダイスは5点、チップは0点ですね

お城のガードは崩せなかったよぉ

では4箇所の合計得点を教えてください

6点です♪

4点ね。う~ん、何が悪かったのかしら?

後半のカードの引きが悪かったのもありますが、城以外のところでトロールと宿り木の配置に失敗したのが大きいかと

その点、トロールを動かされてもその後の応用力で対応できたチップの方が上手だったというところでしょうか

マスター!ちょっと次はゲームに加わってください!

ダイスちゃんこうなっちゃうと子供っぽいんだよねぇ

これもダイスの魅力の一つですよ。では私も参戦しましょうか♪手加減はしませんよ


記事を読んで気になった方はDOMINA GAMES様ホームページ
https://www.dominagames.com/
まで足を運んでみてくださいね♪

またのご来店をお待ちしております♪

検索するタイトルを入力して下さい