▶もっと見る
サクラハント
いらっしゃいませお客様
本日のメニューはこちらとなっております

JUGAME STUDIO様作 ゲームデザイナー:丸野 優
『サクラハント』プレイ人数2~4人用 プレイ時間30分程度



ダイスちゃん、来年一緒にお花見をしようよ♪

ずいぶん先の話をするのね。構わないけど突然どうして?

学校で今年の思い出話をしていたんだけど、その時にお花見の話が出て友達同士でやるの楽しそうだなぁ~って思ったの

う~ん、私達今年ってその頃どうしていたのかしら?

そうなの!あまり覚えてなくて

春といえば2人とも学校が春休みだったこともあり、日中こちらでよく働いていましたよ

言われてみれば

そんな気も・・・

もう少し印象に残る休みにすれば良かったわね

それじゃあ来年は珈皇堂もお休みしてマスターさんも一緒にお花見しましょう!

そんな事できるわけ・・・

良いですね♪

へ?

事前に日程を決めておいて頂ければ調整しましょう。花見も久しくしていませんでしたし

お店の方はいいの?

うちのスタッフは祭り事好きですし、全員でお花見というのもなかなか楽しいかもしれません

(言ってみるものね)

うぅ~ん、待ちきれないなぁ~早く春来ないかなぁ~

ではこんなゲームはいかがですか?

サクラハント・・・綺麗なパッケージですね

これは以前紹介したワインレーティングを製作したJYUGAME STUDIOさんのゲームなのです


ワインレーティングの記事はこちら
http://limia-branks.jp/tipanddice/blog.php?id=171

どんなゲームなんですか?

日本の花見をテーマにした、さまざまな桜の名所を巡りながら、4つのお花見会場で花見をするゲームです。プレイしてみませんか?

やりたいです!

内容物が気になります!

では遊んでみましょうか


~実際やってみた~

セットアップ作業をしましょう




この花見会場カード4枚を縦に配置します。会場カードの隣には後にカードを配置しますので6枚分のスペースの空きを確保しておきます

次にロケーションカードと酒カードです




カードの雰囲気が良いですね♪

並べると桜のパノラマになっていまして、花見に行きたくなってきますね

これらのカードを全てシャッフルして、各プレイヤーに6枚ずつ配り、残りを山札とします




次に自分の花見マーカーの色を決めて1枚持ちましょう。どうしましょうか?

マスターさん、いつもの!

あなたそれを言いたかっただけでしょ?でも、分かりやすいしそれでいいわ

ではチップは赤、ダイスは青、私は緑としましょう




残りの花見マーカーはどうしますか?

残りは各花見会場カードの付近に1枚ずつストックとして置いて下さい




次に得点票を見やすい位置に配置します




各プレイヤーの色も決まっているので、スコアトラックの0点に得点マーカーも設置しておきましょう




これで準備は完了です

どうすればこのゲームに勝つことになるのかしら?

4つの会場で花見を行うのですが、花見を行うタイミングによって入手できる得点が異なります

どのタイミングで花見をすることができるのかは、この得点表でわかるようになっています




1枚目で花見を行うと0点、ピークが5点でその先は桜が散っていくから下がっていくんですね

その通りです。会場に花見カードを出していき、よきタイミングで花見を行う

花見を行う条件は、会場に出ているカード1枚と手札2枚を組み合わせて連番になっているか、同じ数字が3枚あれば可能です

番号がなかった酒カードはどういった効果がありますか?

酒カードも番号のついた花見カードと同様に扱います。ワイルドカードといったところです

では私から始めますが、手番で行えるアクションをまとめておきましょう


手番で行えるアクションは下記の3つから1つを選択します。

1.開花を進める
手札から1枚を任意の会場へ出します。※1つの会場へ出せるカードは6枚までです。
その後、山札から1枚補充

2.下見
会場に既に出ているカードと自分の手札1枚を交換します。

3.花見
会場のカード1枚と手札2枚を組み合わせ「連番3枚」か「同じカード3枚」のカードが存在することでできるアクションです。
3枚を獲得し、全員から見えるように自分の前に置きます。
会場から抜いたカードの箇所に自分の色の花見マーカーを移動します。
花見を行った会場の開花状況を確認し、得点を取得してスコアトラックの自分のマーカーを進め山札から1枚カードを取得して手番を終えます。



あっ!そのカード欲しいです!私は下見しま~す

このカードと交換です




もう下見?するほどカード出てないじゃない。私も開花を進めるわ




私も続けて開花を進めましょうかね




わぁ~どうしよう。どれも必要なカードだからアクション迷うなぁ

う~ん、これにしておこうかな




続いて開花を進めます




ダイスちゃん、やたら判断早いけど何かあった?

なんでもないわよ。二人が悩んでいる間に次のすることを予め決めておいただけのことよ

私は下見をさせて頂きますね




そろそろマスターが何か仕掛けてきそうね

でも何をしてくるか読めないんだよねぇ

会場内に3と5が集中しているのが気になるところなのよね

とりあえず開花を進めておこうかな




そうね。まだ2つ目なら点数も低いし進めておきましょうか




おや?ここで8が出てきましたか。予定とは違いますが私はここで花見をさせていただきましょうかね

その8頂いて手札2枚はこうなります




振り込んでしまったわね

やっぱり高いところの数字狙いでしたかぁ

抜き取った8の箇所に私の花見マーカーを置きます




2枚目なので得点は1ですね。スコアトラックの得点マーカーを動かします




点数低かったですけどよかったんですか?

えぇ、お二人に流れを掴んで頂きたかったですから。ハンデとでも思ってください

確かにこれでゲーム中の流れは全て理解できたわ

うん、そうだね。ゲームは全員が全部の会場で花見をしたらおしまいなんですか?

それも終わる条件の一つですね。もう一つは全ての会場に6枚目のカードが出されたら終了です

よ~し、じゃあ進めていくよぉ~


~その結果~






あぁ~圧倒的にダイスちゃんが勝ちだったね

いえ、これで終わったわけではありません

えっ?

最後に取得したカードでボーナス計算をします。自分が取得したカードを若い順から並べてみてください

私はこうなりました




やはり3つしか花見ができなかったのが痛手になりましたね

並べてどう計算するの?

こちらを見てください




理解したわ。連番が5枚以上から表に記載されているボーナスが入るのね

そうです。ですので私の場合は5~10までの6枚が連番で3点のボーナスが入ります

表の一番右は同じカード3枚で5点入るって事ですね?

はい、残念ながら狙っていましたがうまくはいきませんでしたね

じゃあ次は私のを見てください♪




4~10までの連番で6点、10の同じ数字が3枚ですので追加でもう5点で計11点のボーナスです

結構いい感じに点数入りました♪

最後に私ね




お酒多い!

しかたなかったのよ!初期手札6枚中3枚がお酒だったからどうしようかと思ったわよ

な~るほど。カードの選択肢がそんなになかったから行動が早かったんだねぇ

・・・そっそうよ

3~8までが連番ですね。9の箇所にお酒がありますがボーナスではお酒が除外になります

連番の得点が3点、6が3枚あるので5点で計8点のボーナスです

その結果がこうなります




う~ん、ボーナスが高得点でもダイスちゃんに届かなかったかぁ

チップはゲーム中の得点が低すぎたのね。ボーナス前の点数がマスターくらいあればわからなかったわよ

そうですね。やってみてどうでしたか?

花見をしないでおくと散り始めるのが怖くなりますね

でもでも、先に花見を終えてるとその会場では悠々調整できたりもしてたね

考えることは多いけれどがデザインが良くて苦にならなかったわ

マスターさん、このゲームお花見しながらプレイするのもいいかもです

本当の桜を見ながらゆっくりゲームをするのもいいかもしれませんね


記事を読んで気になった方はJUGAME STUDIO様ホームページ
http://www.jugame.info/
まで足を運んでみてくださいね♪

またのご来店をお待ちしております♪

検索するタイトルを入力して下さい