▶もっと見る
横暴編集長
いらっしゃいませお客様
本日のメニューはこちらとなっております

(有)ジャンクション様作 ゲームデザイナー:(有)ジャンクション 
『横暴編集長』プレイ人数3~5人用 プレイ時間20分程度



とてもシンプルでウケを狙っていくカードゲームとなっています。
プレイヤーは編集者となって面白いタイトルを考案していきます。
編集会議で採用を目指していきましょう!

中身にぎっしりカードが入ってるね

全部これがタイトルの一部なのね

カードに何が書かれているか楽しみだね♪マスターさん、準備しましょう!

はい、かしこまりました


~実際やってみた~

まずはこのタイトルカードを全てシャッフルして山札にします




じゃんけんで進行役を決めましょう

マスターさんでいいですよ。ゲーム知ってるのマスターさんですし

同意よ

そうですか?それではこの山札から5枚ずつ配ります

マスター、この手札によって鹿と馬が描かれているのだけどこの違いは何?




それは、鹿は上のタイトル。馬は下のタイトルとなっているんです

その上のタイトルと下のタイトルを合わせて面白い作品タイトルにするのがこのゲームの目的です

そういう事ね。この手札から組み合わせて決めるのね?

いえ、まだ準備はこれだけでは不完全なのです

中央のアイディア置き場に山札から編集者+2枚、我々はは3人なので5枚表向きでカードを出します




この5枚から取っていくんですね?

そういう事です。進行役から順番に1つ取って、自分の手札と組み合わせて1つのタイトルにします

自分の手札から出すカードは今の段階では裏にして置きます。こんな感じですね




そして1枚山札から手札に加えます。ここまでをタイトル考案といいます。

わっかりました~。うん、じゃあ私だったらこれかな♪




では、わたしはこれで




ダイスちゃん、なかなか難しいそうなのを選んだねぇ?

まぁ見てなさいよ

では、全員タイトル考案を終えたので、いよいよ協議に移ります

進行役の私から順に裏してあるタイトルカードを表にしながら、考案したタイトルを読み上げます

全員の発表を終えたら採用候補の選定になります。まずは発表していきましょうか

私からいきます




アルプスのオンライン

他の環境と違うんですかね?

ハイ○がネットゲームやっている情景が浮かんだわ!

はいは~い、次私です




吾輩はおじさん

閣下の自叙伝みたいなタイトルね

もしくは、おじさんであることを自覚し始めた話ですかね?

あれ?思っていたよりウケなかった

最後に私の発表ね




魔法科高校のラリアット!!

もう魔法関係無いね。魔法(物理)みたいな事になってる

これは上手いですね。全員の発表を終えたので進行役の私の「せーの」に合わせて自分以外のタイトルを全員で「採用!」と言いながら指差してください

一番多くの表を集めたタイトルが正式採用候補として採用候補置き場に残り、それ以外はボツ置き場へ移します

では、参りますよ。せーの、採用!

採用!

採用!

2票と1票でダイスの魔法科高校のラリアット!!が採用候補になりました

次は面白いやつ作りたいなぁ。

突っ込みどころが多い方が面白い作品タイトルになりそうね

進行役の左隣のプレイヤーが新しい進行役となって、以上の流れを繰り返します

これが終わるのはいつになるのかしら?

全員が2回進行役を終えたら終了になります。その後採用候補置き場に残っているタイトルから正式採用タイトルを選定します

正式採用を決める時も候補の中から一つ「採用!」と指を指すのですが、その時は自分で付けたタイトルを指してもかまいません

最も票を集めた編集者が勝者となります

山札を見る限り本当に色々なタイトルがあって

やっている事はとってもシンプルだから初心者でもすぐにプレイできそうですね♪

採用されるかはセンスが問われますが、全員で笑いあう事のできる良いバラエティゲームかと思います



記事を読んで気になった方は詳細はするめ(有)ジャンクション様のホームページ
https://junction.theshop.jp/
拡張プレイ用カードセットの「横暴編集長~中ノ章~」などもございますので是非一度足を運んでみてください♪

またのご来店をお待ちしております♪

検索するタイトルを入力して下さい
検索するジャンルを選択して下さい